隔離者移送中のパーキングエリア利用について

一部報道で「隔離者移送中にパーキングエリアにてトイレ休憩を行なった」とされております。それに対してSocial media上では下記の通り意見が上がっております。

1.一般客と接触している。

2.トイレに新型ウィルスが残留している。

確かに報道の通り移送中にパーキングエリアに立ち寄り10分のトイレ休憩を取っております。

以下当日のルートです。

国立国際医療研究センター → 高滝湖パーキングエリア → ホテル三日月

上記、懸念事項の「一般客との接触」「ウィルス残留」はありえませんのでご安心ください。

具体的に下記の通り対策を取っております。

1.隔離者到着前にパーキングエリアの閉鎖。これにより一般自動車は進入不可となり、移送バス及び検疫所の車両のみ利用可能となっておりました。

2.パーキングエリア内のゴミ箱利用禁止。到着前に事前に検疫所より案内があり、隔離者はゴミ箱を利用しておりません。

3.隔離者使用後のパーキングエリア洗浄、除菌の実施。

隔離者到着後の高滝湖PAの様子

防護服を着ているのは検疫所の方々です。

内閣官房及び厚生労働省(検疫所)の連携で感染リスクを最小限にしております。

これが真実です。

どの様にテレビで報道がされたか不明ですが、Social media上に不安の声が多数挙がっておりましたので当事者より発信させて頂きます。

投稿者: Wuhan scapegoat

武漢ブログです。2020年1月29日に政府チャーター機で帰国しました。隔離され経過観察中です。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。