WHO発表潜伏期間の変遷

WHO発表の新型コロナウィルスに対する潜伏期間の変遷です。

※2020年2月6日10:00時点の情報。

WHOは当初潜伏期間は最長14日間と発表しておりました。この数字は中東呼吸器症候群を参考に設定されました。

その後世界中の検体情報をもとに

1月28日に潜伏期間を2〜10日間へ変更。

2月2日に潜伏期間を2〜11日間へ変更。

2月4日に潜伏期間を1〜12.5日間へ変更。

ご覧の通り、新型であるが故に知見に基づく発表が日に日に変更されます。

これに伴い、各国の対応が変更になること、日本国内においてはクルーズ船の深刻化を考慮すると更なる変更が予想されます。

引き続き更新情報ありましたら共有します。

アクセスランキング一位の記事は「検査拒否した二人について」です。

フォローしお待ちください。

コメントを残す