天津市政府発表5つのこと

下記の通り、天津市政府より感染予防の対策が発表されました。相当厳しい規制になります。下記の「住民小区」とは集合住宅管理区域のことです。要はマンション単位で下記規則に基づき生活しなければなりません。

1.住民小区を出入りする人はマスクをつけなければいけない。マスクをつけずに出入りする者に対しては、管理者が引き返すように注意し、強制的に突破する者に対しては公安機関が法に基づき厳格に処理する。

2.住民小区を出入りする人と車両を厳格に検証、登録する。住民小区を出入りする道路に24時間検査所を設置し、往来者の確認を行い、外部の者や他の地域から天津に戻った小区住民の登録を行う。配達、デリバリースタッフは一律に住民小区への侵入を禁止し、大家が小区大門の外でピックアップする。

3.住民に発熱、咳等の症状が現れれば必ず速やかに受診、小区へ報告しなければならない。

4.住民小区内の改装、水道、電器、ガス配線、配管改造等の施工を一時停止する。至急修理が必要な場合、同意を得なければいけない。

5.住民小区内で人が集まることを禁止。バスケットボール場、囲碁・麻雀室などの休憩場所や人が密集する場所を閉鎖する。

6.解除日時は別途通知。

※上記規制は2020年2月6日時点。参考:天津市政府の発表(中国語)

<今後の影響>

天津市は中国の4つある直轄市のうちの一つです。上記規制はその他直轄市(北京、上海、重慶)及びその他省へ輪が広がる可能性があります。

アクセス集中記事「検査拒否した二人」

↑↑フォローお願いします。

コメントを残す