北京市が新たに発表した4つの規制に関して

北京市政府は、3月24日、国外から北京市内へ移動する者に対し、更に厳格な予防・コントロール措置を行うことを発表した。

上海市は入国者への規制緩和をしたのに対して北京市は規制強化をしているのがなんとも不気味である。

<3月25日0時から以下の措置が実施>
(1)北京市の入国審査場からの入国者は、目的地、国籍を問わず、全員に対して集中隔離観察とPCR検査を行う。
(2)14日間以内に国内の他の入国審査場で入国し、そこから北京市内に移動する全員に対し、集中隔離観察とPCR検査を行う。
(3)隔離観察の措置は自己負担で、PCR検査費は基本医療保険又は商業保険等への加入の有無等の関連規定に基づき取り扱う。
(4)70歳以上の高齢者、14歳以下の未成年、妊婦、基礎的疾患等を患っている者も、集中観察所に行き、PCR検査を受け、合格後に自宅観察が可能となる。
※自宅観察を行うためには、事前に居住地の社区に申請し、社区の厳格な評価を経て、自宅観察の同意を得ることが必要。

<補足>
・国際線で北京に来る者は、先に国内の別の空港で検疫を受け、発熱症状など特に問題が無ければ北京に来ることができる。既に他空港で検疫を受け問題無く北京に到着した者も、北京到着後には、上記集中隔離されることに加え、PCR検査を受けることとなる。

○北京市の措置の発表(中国語)
http://www.beijing.gov.cn/ywdt/gzdt/t1623380.htm
○北京市の記者会見(中国語)
https://mp.weixin.qq.com/s/h4w00UJzJTEnKsmgetdNHQ

コメントを残す